セブン銀行のコンビニATMについて

 

セブン銀行はコンビニATMの利用手数料を主な収益源としている特殊な銀行です。多くの人にとって、セブン銀行と言えばコンビニやデパートに設置されたATMを提供している銀行という印象が強いのではないでしょうか。そこでセブン銀行のことを知ってもらうために、コンビニATMについて簡単に説明したいと思います。

 

ATMは日本語で現金自動預け払い機と訳されます。残高照会や現金の引き出し・振り込みといった基本的で簡単な銀行業務を機械が代行することで、窓口業務の負担を減らし業務の効率化を図るため作られました。今では窓口に並ぶ人よりも銀行内に設置されたATMに並ぶ人の方が多いですね。

 

機械が自動で業務を行えるので、ATMは銀行外部にも設置できます。多くの顧客が利用しやすいように、買い物をして財布のお金が不足しがちになるデパートやスーパー、頻繁に利用されるコンビニにATMを設置しようという発想になるわけです。特に一人暮らしの若者や独身者の人たちにとって、コンビニATMは身近で生活費の引き出しや、光熱費・電気代・水道代などの支払いができる、便利な道具です。

 

そんなコンビニATMは、複数の金融機関が提携して管理しています。一つのATMから複数の銀行を利用できるのはこのためです。ATMを提供する銀行が幹事銀行としてお金を管理し、後でATMの情報に基づいて提携する他銀行と決済しているわけです。そのためATMは金融機関でなくとも提供することができます。例えばローソンATMは、ローソン・エーティーエム・ネットワークスという会社が各地域の地方銀行に資金管理を受託して運営しています。

 

ATMは基本的に24時間稼働しており、利用する銀行が設定する時間帯で利用することができます。利用可能な時間帯の長さや手数料の安さについて各銀行はサービスを競いあっており、無料で利用できるようにしている銀行もあります。一方でこうしたサービス競争で他銀行に差をつけられてしまうことを危惧して、共同型のATMに参入しない銀行もあります。

 

実はコンビニATMは日々手続きのスピードUPや小型化、セキュリティの向上など、改良が続けられています。数年後には今よりもっと使いやすいATMになっていることでしょう。これからも便利に利用していきたいですね。