住信SBIネット銀行をどうやって活用するか

 

住信SBIネット銀行は、2007年に営業を開始した比較的新しいネット専業銀行なのですが、多種多様なサービスを取り揃えており、JCSI(日本版顧客満足度指数)で2009年から2013年にかけて5年連続一位となるなど、近年とても人気を上げている銀行です。そんな住信SBIネット銀行を有効に活用する方法を考えてみたいと思います。

 

住信SBIネット銀行を活用するには、目的別口座というサービスを上手く使うのがいいでしょう。これは普段出入金を行う代表口座とは別に、貯蓄の目的ごとに最大五つまで個別預金口座を作り、預金を振り分けるというものです。各口座には目標金額と達成予定日を設定し、代表口座から各口座に指定した金額が指定した日に振り込まれます。目標まであといくら必要でそのために毎月いくら預金するべきかや、月々の預金達成率がWEBサイトに標示されるため、資産管理をする上でとても便利なのです。

 

資産管理にはまた、住信SBIネット銀行が提供する「MoneyLook」というオンラインサービスが便利です。これは、顧客が持っている複数の金融機関(銀行、証券、クレジットカード等)の口座情報や、電子マネー、ポイントなどの残高をまとめて管理できるツールで、無料で利用できます。また、数字を入力するだけで、家計簿をつけたり、資産と負債のグラフを作成してくれます。

 

住信SBIネット銀行はSBI証券と連携しているため、預金をSBI証券の投資資金に充当できるハイブリッド預金といった、SBI証券の運用と連動したサービスが利用できます。預金と投資信託を一括して管理できるので、資産運用がとてもスムーズに行えます。

 

また住信SBIネット銀行は、保険、外貨預金、FX、個人ローンなど多様なサービスを提供しており、それら全てがネット上で手続きでき、利用しやすくなっています。金利水準が良く、手数料も安いため、是非活用していただきたい金融機関です。